フットボール番が一(181) ー心理面精神面の大きさー

フットボール番が一(181)

           ー心理面精神面の大きさ

 

CLのベスト16が終わり、3月19日には準々決勝以降の組み合わせが決まりました。道のりが見えてきましたが、シティは次にバイエルンと当たって決勝まで進めるか(パリSGが上がってくることも考えられる?)、別の山では案外チェルシーが上がってくるか?等いくつかの個人的予想は考えられますが、それが当たるかどうかは別物。どう進んで行きますかね?

 

ベスト16のすべての16ゲームを見ての感想はバイエルン、シティ、その次にパリSGが続いているかな、と感じましたが・・。1stレグでは1ゲームも引分けがなく、そして、その勝者が勝ち抜けました。

個人的にはセビージャが1stホームでスソのゴールで先制点を上げながらなぜ自分たちのペースで進めることができず逆転を喫してしまったのか・・という点が引っかかっています。

今シーズンはグループリーグはダゾーンでの放映もなく「何やってんだ!」と怒っていましたが、決勝トーナメントからWOWOWが放送できてホントよかったです。ELも準々決勝以降は全部放送してよ!

 

 

2nd

チェルシーvsアトレチコ

1stは1-0でチェルシー

大袈裟な例えかも知れないが、”刀を持ったことがない者が刀を持たされて闘えと言われてもチャンバラはできない”。

今シーズンはシメオネアトレチコも攻撃的になったと言われていますが、1stでは6バックを採用、攻めなくては敗退する2ndでも4-4-2までしかできない。基本的に守備ありきの監督・チームの限界。

 

ELではベスト16で敗れたスパーズのモウリーニョがゲーム後、相手のディナモ・ザグレブのドレッシングルームに行き、賛辞を送ったということですが、カウンターしかできない凡庸な監督に言われても特に嬉しくもないのではないでしょうか?

 

今シーズンのリーガではセビージャとソシエダに注目期待していました。

全体のクラブ規模ではビッグ2には叶わないですが、しかしピッチ上の11人の総合力はビッグ2に近付いてきたのではないか、と考えていました。

実際、セビージャはコパ準決勝の1stでバルサに2-0で勝利しました。

そして、迎えた2ndをダ・ゾーンで見ましたが、心理精神面の大きさを強く感じました。セビージャは追われる者の立場で終始受け身になってしまい、平常心を失い、自分たちのスタイルで運べなかった。普段なら自陣からつなげていけるのにクリアだけになってしまいパスになっていなかった。

後半PKを得たのにオカンポスが失敗、終了間際にフェルナンドが必要のないファールを犯し2枚目のイエローで退場になる。直後に2-2に持ち込まれる。これらも普段ならまずなかったことでした。焦りから墓穴を掘ってしまったのでしょう。

 

このゲームの2~3日前に行われたリーガ25節のマドリー対ソシエダでも、ソシエダは後半主導権を奪い返しペースをつかみ先取点を奪う。

このまま行けると思ったが、しかし残り数分を5バックにして、これが裏目に。普段していないことをやり体制だけでなく気持ちの面でも腰が引けてしまい同点に追い付かれてしまいました。

ゲームにおける心理面精神面のウエートを強く感じました。

 

                       ーTOKYOっ子

 

FB こちらにも一つコラムが!

(20+) 志鎌 誠 | Facebook

 

フットボール番が一(180) ー私のV個人的予想ー期待ー

 

フットボール番が一(180)

        ー私のV個人的予想ー期待

 

リーガ22節 2/6

セビージャvsヘタフェ

セビージャのロペテギ監督が抑えることができずヘタフェのボルダレス監督に猛抗議をしていました。事の発端は後半の立ち上がりヘタフェのジェネがセビージャのオカンポスにスパイク踏みつける。オカンポスは悲鳴を上げながらしばらく立ち上がれないほど。裁定はジェネだけでなく両監督にもレッドカードが示される。この日だけでなくヘタフェのラフプレーのみならずそれを超えたプレーには私も辟易としています。審判委員会で何らかのペナルティを降すことはできないのでしょうか?

最近聞いたことですが、確かバルセロナの記者がボルダラスも”クライフの信仰者”だったと言っていて私は絶句しました。いつ踏み間違えたのか?

 

プレミア23節  2/7

リバプールvsマンチェスターシティ

最近の調子どおりシティの圧勝でした。ギュンドアンが今シーズン得点を量産しているのは、わかりやすい話、チャンスと見るやゴール前に入ってきていますから自ずとゴール数は増える。リバプールGKアリソンの”プレゼント”に助けられたとは言え、勢いは完全にシティだった!

 

さて今シーズンの半分を過ぎた時期ですが、私のV個人的予想ー期待です。

リーガ(スペイン)

バルサとマドリーの2強が長らく続いていますが、他のクラブが争ってほしい。かと言ってシメオネアトレチコではどうも応援する気が起きない。

注目はセビージャとソシエダでしたが、前半戦調子を落とした時期もあったセビージャでしたが、今勢いを取り戻してきて、そしてロペテギの”理詰めのフットボール”が進行中。リーグ制覇を期待したい!

 

プレミア

前半戦なかなか爆発力が見えなかったペップ・シティが得点力を復活し、守備においてもディアスというリーダーを得て安定感を増す。FLカップFAカップも取る勢いがある。そしてCLにも挑戦する。”4冠”も可能かも知れない。

 

セリエA

21節。残念ながらダゾーンでハイライトだけでしか放映されず内容はわからなかったがローマはユベントスに0-2で敗れる。ペドロが故障でベンチにも入れず、やはり中心選手のペッレグリーニもこの日欠場。

万全な体制でユーベ戦を闘えなかったのは残念。

しかし、まだ先は長い。1ゲーム1ゲーム勝ち続けて行けばスクデット奪取も夢ではない。あきらめないで進んでほしい!

 

今シーズン、ダゾーンが放映権を失ってしまったCLをWOWOWが

決勝トーナメントから全試合放送。サンキューWOWOW!!

 

                       ーTOKYOっ子ー

 

FB こちらにも一つコラムが!

(20+) 志鎌 誠 | Facebook

 

フットボール番が一(179) ー厳しい状況の中のリーグ戦ー

 

   フットボール番が一(179)

     ー厳しい状況の中のリーグ戦

 

ー普段でもハードなスケジュールなのに、さらに今シーズンはコロナ禍のためどのリーグも超ハードなゲームが続いていますが・・・ー

 

プレミア9節

スパーズvsシティ(11/21)、2-0でスパーズの勝ち。

攻撃志向のグアルディオラに対し守備偏重のモウリーニョ

12節(12/12)のマンチェスターU戦も0-0のあまり中身のない内容で引き分け、でした。

 

前半左サイドでデ・ブルイネがダイレクトで短いスルーパスを通しシュート、またはマイナスのパスを、そして三番目の選手がシュート。このようなプレーは1本だけでした。

昨季までいたD・シルバがよく使っていた、出し手でもあり受け手でもあった。それをB・シウバに期待しているのですが、フルで使われていない上、広い範囲をカバーしている。グアルディオラはD・シルバのような使い方をしていない。個人的にはとても残念に思っています。

そして、チーム全体を考えても残念ながら08~12のバルセロナのような戦力になっていないので、100%ポゼッションにこだわるのは止めて、昨シーズンのCLの対マドリー戦のようにポゼッションを捨て50%にする方が得策でしょう。今シーズンは超過密日程なのですから選手の体調とチームのコンディションを考えても利をもたらすでしょう。

そうすれば今のスパーズのようなチームは何もできない”棒切れ”のような状態になってしまいますよ。

 

 

f:id:momo0678:20201230165640j:plain

ーロンドンー

 

セリエA

10節(12/6)

ローマvsサッスーロ

ペドロが何とイエローを2枚もらって前半のうちに退場してしまいました。

多分初めてのことだと思います。あの場面でーすでに1枚もらっていた、ハーフウェイライン付近でディフェンスも後ろにいた、ペドロのミスで受けたカウンターでもなかったーなのにベテランがいらないファールをしてしまった。

何かキックオフから体がよく動きすぎ気持ちが入りすぎていた感じに見えましたが、こういうこともあるんですね・・。

ゲーム後、ペドロにツイートしました。

”しかし、後半ローマは10人になってもボールを支配し果敢に攻め込んでいた。ポテンシャル十分、今シーズンスクデット取れるよ!Calm down(落ち着け)!”と。

 

久保が冬の移籍期間でビジャレアルから移るかもとの話が出ていますが、当初から書いたようにウナイ・エメリは力のある選手、調子のいい選手を選ぶとは限らない。(エイバルのメンディリバルはきちんと選んでいる)

16節のセビージャ戦(12/29)でも立ち上がりのAプランがうまく行かなかったのだから後半からBプランに修正変更するべきだったが、それができないで最後までズルズル行ってしまった。

本当に選手と監督との関係、相性は大きい、重要。

セビージャ、グラナダソシエダ、セルタ、それにレバンテといい監督がいるけれど、久保は巡り合えるか?

 

 

マラドーナが11月25日に亡くなりました。

11月30日(月)『デイリーサッカーニュース・プレミア編』でも翌日の『デイリーサッカーニュース・リーガ編』でも勿論話題にしていました。

問題の86年W杯イングランド戦の”神の手”の一件。

相手GKのシルトンはその後チャリティの会場でマラドーナに握手を求められたが拒否したそうです。それはそうすよね。その場で最も近い所で”邪悪の手”を見ていたわけですから。イングランド内でも未だに許せないと思っている人が大勢いることでしょう。

が、一方で逆にマラドーナに対してイングランドに限らず相手チームがどれだけ悪質なファールを犯してきたのか。それを考えればマラドーナの方がより被害を受けてきたのではないか?という意見も一部にあるそうです。なるほど・・これも最もな意見だと思いました。

そして、あまり議論がされていないようなのですが、94年のW杯期間中にマラドーナはコカイン使用が理由で大会から追放されました。

何でも82年にバルセロナに移籍した頃がその始めだったそうです。

12年間、これ由々しき問題ではないですか?

 

                        ーTOKYOっ子ー

 

   ・こちらにも1本別のブログがあります。よかったら読んでみてください。

           https://mount678.hatenablo

 

フットボール番が一(178) ー今シーズンの注目キープレーヤー20~21Ⅱー

 

フットボール番が一(178)

今シーズンの注目キープレーヤー20~21Ⅱ

 

この週、インターナショナルゲームに入る前、どこのリーグでも故障者が続出、特にハムストリングを。そして、コロナウィルスにかかる選手も9節11月8日のグラナダは登録19人中12人がカンテラ(ユース)の選手だったとか・・。深刻ですね。

 

9節 バレンシアvsマドリー

ジダン・マドリーはリアクション型まで、限界?

いや、大体今までほとんどがこのスタイルだった。

が、2008~2012の4シーズン、グアルディオラがAチームの監督として現れミケルスとクライフが築いたバルセロナをさらにさらに進化させ、相手を翻弄させるポゼッションフットボールを誕生させたので、それを見ている世界中の人たちが意識的にしろ無意識のうちにしろ、評論家だろうが一般ファンだろうが比較をしている。ジダン・マドリーは遅れている、と。

そのうえ、この日はフォーメーションを格下バレンシアに合わせ4-4-2で進めた。グアルディオラバルサでは考えられなかったことである。

結果はご覧のとおりであった。

 

ところでエイバルのブライアン・ヒル(セビージャからレンタル移籍)は誰かに似ていると思いませんんか?と言っても55才以上の人でないとわからないでしょうが、元オランダ代表のレンセンブリンクによく似ている。細身長身のスタイルだけでなく、レフティ、左ウイング、ドリブラー、テクニシャンとプレースタイルも。

レンセンブリンクは当時”左利きのクライフ”とも形容されていましたね。去年難病で亡くなったと雑誌に載っていました。

 

 

f:id:momo0678:20201119181802j:plain

-バルセロナ市内-

 

 

マンチェスターシティ

中盤、6節のウェストハム戦では(デ・ブルイネが怪我のためベンチスタート)ベルナルド・シウバではなくギュンドアンが”指揮権を行使”していたような・・。B・シウバは性格的におとなしいのでしょうか?

7節のシェフィールドU戦ではB・シウバのプレーエリアが広く底から中盤まで右から左まで動いていました。ただボックス内にもっと切れ込んでほしい。D・シルバのように。

 

ASローマ、ペドロが攻撃の中心になっていますね。

ペドロを含め前3人(ムヒタリアンとジェコ)は”オーバー30”だそうです。が、今の30代前半は少し前の20代後半でまさに今が”旬”でしょう!ただビッグクラブと比べると選手層がうすい。

ELは外してスクデッドを狙ってほしい。今シーズンは狙えると思えますよ!

ペドロのツイッターにもそのように応援サポートを送っています。

 

                        ーTOKYOっ子

 

・こちらにも1本別のブログがあります。よかったら読んでみてください。

https://mount678.hatenablo

 

フットボール番が一(177) ー今シーズンの注目キープレーヤー20~21ー

     フットボール番が一(177)

     ー今シーズンの注目キープレーヤー20~21

 

マンチェスター・シティはB・シウバ

デ・ブルイネがチームをリードする。これに異論はない。が、D・シルバが抜けた後、中盤でゲームをつくっていけるのはB・シウバだと思う。

ブルイネは鋭いミドルパスを送る。しかし、ショートパスに比べ精度はどうしても落ちる、わずかに合わなかったり相手にカットされたりされる。

やはりチームのリズムをつくって行くのは細かいパスを駆使すること。その中心にいてもらいたいのがシウバ。

10年前のバルセロナ(チームをリードしていたのはチャビ)を比較に出すのはどのチームに対しても酷だが、昨シーズンまでのD・シルバを超えることはできると思う。怪我が癒えたようなので注目して行きたい。

 

リバプールチアゴ・アルカンタラ

バルセロナーB・ミュンヘンに続いて移籍してきた。

リバプールは昨シーズン断トツでプレミアを制覇したが、そしていい選手がたくさんいるが、どうも不足していたのが”創造性”。だから今一つゲームを見ていても満足感を得られなかった。そこにクリエィテブな要素を持ち込んでくれそうなのがチアゴ。チーム全体がおもしろくなるような気がする。

 

アーセナルはアルテタ

ここだけは監督を選びました。現役時代はベンゲルの下(もと)で、そして昨シーズンまではグアルディオラのアシスタントコーチをしていた経験を生かしておもしろいチームに向かおうとしている感じ。まだまだ理想のリの字くらいまでしか届いていなく、また全体の選手力も他のビッグクラブに比べたら足りないと思うけれど、一歩一歩階段を上がって行ければ、シティ、リバプールと共にプレミアビッグ3に成れるのではないだろうか?

(これにランパードが欲する若手の有望選手を何人も獲得したチェルシーがその軌道に乗れればビッグ4になるのでは?)

 

ASローマはペドロ

昨シーズンはランパード新監督の若手起用の方針でほとんどベンチウォーマーにされてしまったペドロだがメッシやピケと同年令で(’87年生まれ)、何も実力が落ちたわけではまったくない。ローマのフォンセカ監督に請われての移籍。監督としては”バルサイズム”をチームに注入してほしいのだと思う。

具体的にはバイタルエリアでの細かいパスワークや意表を突くパス。

セリエA3節すべてスタメン出場で昨シーズンのチェルシーとは大違い。見たところローマもいい選手が揃っている。が、自陣からビルドアップしても詰めのバイタルエリア内でのパス精度がまだ劣っている。ここをペドロとフォンセカが改良すればゴールが増えるのはまちがいないと思う。

第3節のウディネーゼ戦のペドロの右ポスト内側に当たってゴールしたミドルシュートがきっかけに勢いをつけてほしい。

 

 

f:id:momo0678:20201012185106j:plain

 

 

セビージャはJ・ナバス

今一番、見る前にワクワク感があるのがロペテギ・セビージャ。

10年前のグアルディオラバルサと無論同じなわけはないが、今見ていて最も”美しいフットボール”を披露しているのではないか!?

パスワーク(組織)とドリブル(個)の融合。その中心となっているのがペドロより一つ上のJ・ナバス。元々はウィンガー。その巧みなスキルをサイドバックに下がっても披露している。右サイドを駆け上がりパスワークで相手ディフェンスをかわし精度の高いセンターリング、デ・ヨングまたはオカンポスが極める!

最低限リーガで優勝争いに最後まで加わってほしい。そしてCLでどこまで闘えるか楽しみにしている。

 

エイバルは乾

英語のexpectは「予想する」と「期待する」が両方混ざっているようだがこの欄だけは正直後者の方だ。乾、うまいけれど器用ではない(これわかります?)。何かそんな感じでもう一つ二つ足りない。勿論リーガでプレーを続けて行くだけでも大変なこと、力がなくてはできないことだ。今までも左サイドで反対側のP・レオンの二番手、オレジャナがいた時はオレジャナの二番手という位置だったが、是非攻撃の一番手に成れるよう成長してほしい。

(ついでながらWOWOW放送人がよく日本人で最長のプレー時間とか日本人で何とかと繰り返し言うけれど、それだったらいつまで経っても世界に追い付けないですよ)

そして、バレンシアの久保は見る目に欠けるエメリ監督に起用してもらえるだろうか?

 

バルセロナ、これは近い将来のexpectとしてリキ・プッチ

新監督のクーマンは何でもリキプッチも戦力に考えていないとの報道を聞いたが、実際3試合を終えて一度も使っていない。それならレンタルで他クラブに行くことはできないのか?ゲームにきちんと出てそのスキルを磨いて1~2シーズン後チャビが監督になると同時に戻って来ればおもしろい。(結局は残留が決まったらしい)

最もチャビに近いのが現在リキ・プッチと見ているのだが。

再びバルサに”チキ・タカ”のリズムが戻ってくることが考えられる。

 

そして、今シーズンの一番の願いはどの国のリーグもコロナ禍の拡大により中断することなく順調に進んで行ってほしいことだ。

(最近ヨーロッパで感染者が再び増え、イタリアでは第3節ユベントスナポリのゲームが行えなかった。その場合はまずストップして最小限に抑えることでしょう)

 

                         ーTOKYOっ子

 

・こちらにも1本別のブログがあります。よかったら読んでみてください。

         https://mount678.hatenablo

 

フットボール番が一(176) ⋯一発勝負のCL(変則開催)Ⅱ⋯

 

  フットボール番が一(176)

    ⋯一発勝負のCL(変則開催)Ⅱ⋯

 

すでに月が替わってしまいましたが・・・

まずはEL決勝から。8月21日、ドイツ・ケルン。

セビージャ3-2インテル

同じ優勝でも価値のちがいがあることはフットボール愛好家ならわかっていただけることと思います。

このゲームは組み立て(ビルドアップ)ができるチームとそうでないチームの差が結果にも出ました。

”美しいフットボール”と称されフットボール史上最強と呼ばれているグアルディオアラ時代のバルサ(08~09から11~12までの4シーズン)とは少しスタイルがちがうが今のセビージャは美しく強いフットボールを見せフットボールファンを楽しませてくれている。

 

個と組織の関係、連携。

「足元」もうまいし「頭」も使える。つなぎ(パス)に長けている。

このゲームに関しては出してのJ・ナバスと受け手のD・ヨングの関係性が光っていた。

リーガ最終戦で足を痛めた正GK、ヴァツリークに代わって出場した第二GKのボノが遜色のないプレー、活躍が優勝に導いた一つの理由でもある。

またゲーム展開において劣勢不利に傾いても動揺しないメンタル面の強さも感じ取った。その強化もバッチリしているんでしょうね。

 

一年目が多い新チームであったが、手腕を評価されているモンチSDがいい選手を集め、監督自体1年目であったロペテギがここ数年の汚名を返上するすばらしいフットボールを披露してくれた。

今週末から始まるリーガが楽しみである!

 

 

f:id:momo0678:20200907180413j:plain

ー冬のミュンヘン

 

 

CL決勝 8月23日

バイエルン・M 1-0 パリSG

こちらはW杯74年大会のオランダを思い出した。

どちらも「クライフ」でリンクしている。

当時(70年代)”全員攻撃全員守備”の元祖、世界中のファンを驚かせたトータルフットボールが50年ほど経ち、ここまで進化したか、ということをバイエルンが見せてくれた。スコア以上の差がありましたよね。

このチームにメッシは必要ないでしょう。

一人ひとりの技術が高いことは言うまでもないことだけれど、同時にフィジカルトレーニングもかなりの割合で行っているのではないかと感じました。

シーズン途中から監督に付いたフリックの力は本物でしょう。

 

どちらのクラブを見ても、フットボールという競技は総合的、複合的なものだということがあらためてよくわかりました。

 

今週末からラ・リーガ、プレミアが始まり、続いてセリエAブンデスリーガも始まりますね。スタジアム内に徐々に徐々にファンが入場できることを願っています。

                        ーTOKYOっ子

 

※こちらにも1本別のブログがあります。よかったら読んでみてください。

https://mount678.hatenablog.com/

 

フットボール番が一(175) ⋯一発勝負のCL(変則開催)⋯

 

   フットボール番が一(175)

       ⋯一発勝負のCL(変則開催)

 

14日(金)バイエルンのハイプレスがバルセロナを粉砕・・。

ゲーム前、ダゾーンの解説者、川勝さんが完成度が今、一番高いのがバイエルンと話していたが、まさか8-2というスコアは誰が予想していたことか?

前の選手たちがパスコースを読んで次の次を狙っていましたね。

GKテアシュテーゲンの配球を研究していましたね。

そして、攻撃と守備の切り替えが速い、チームとして連動している。レバンドフスキーもミュラーも決して手を抜かないで遂行する。

攻撃は多彩。両サイドからも、真ん中からも仕掛けられるし、足元もうまく、そのうえ高さもある。

リーグ全体のレベルはドイツよりスペインの方が上だと思うのですが、しかし、バルサはリーガでここまでの相手と闘っていなかった・・。

 

付け加えるに、選手は技術を駆使し、監督は有効な戦術を練る。しかし、それらとは別物の要素がチーム内にはある。それらいくつもの要素、力が重なり合って複合的にチームは仕上がって行く。

そう考えると、バルサはメッシがキャプテンではダメだと思います。

いろいろうるさいことを言えるピケでは不向きだったのか・・ブスケツは今シーズン何かプライベートに問題を抱えていたのか?顔がげっそりこけていましたよね。誌上座談会である監督が「外側からではわからない個々の事情があることがある」と話していました。怪我、体調、プライベートな問題等を指してのことです。

 

 

f:id:momo0678:20200818210941j:plain

ークラブの玄関ー

 

15日(土)シティはユーベが出てきてくれた方がよかった・・?

対リヨンでどこか気持ちにスキがあったのではないか・・?

全体的に動きがゆるいように見えました・・。それに対し、リヨンのイレブンの集中力の方がはるかに勝っていた。

そして、少なくても後半アタマからD・シルバとB・シウバを出すべきではなかったか!リヨン相手には相手陣内で細かいパスを繋げて相手のラインのウラを突くシティ本来の攻撃を中心に組み立てて行けば不覚を取ることはなかったと思うのですが・・?それを中心にすればデ・ブルイネの虚をつく中距離パスもより生きたでしょう。

D・シルバは後半39分から、B・シウバは出場なし(外側からわからない理由があったのか?)。他交代はマフレズが後半11分からで2人のみだった。

 

3-1でリヨン。

これでグアルディオアラはシティに来てから、CLでは成果を挙げられていない。(優勝はバルサの時代、二度のみ)

 

ELベスト4

16日(日)

格ではマンUだろうが、現在の実力ではセビージャ。

マンUはまだまだ個人任せの感(スールシャール監督)。

セビ-ジャはスマートで論理的な戦術がある(ロペテギ監督)。

後半の立ち上がりの連続のピンチをGKボノを中心に懸命にしのいだ。

そして、後半41分、右からのヘスス・ナバスの前へのセンターリングを途中出場のデ・ヨングが足で合わせ逆転の決勝ゴール。このゲーム、ヘスス・ナバスのセンターリングは頭で合わせる方が多かったが、ゴールシーンの前に一度ディフェンスの裏側、足元に合わせるプレーがあり、それをデ・ヨングも承知していて。綺麗に合わせた。

またマンUの当たりに無暗に乗らなかったのもよかったでしょう。

コンタクトプレーで体力を消耗する必要は一切ないのだから。

 

それにしても勝負物はわからんもんですね・・・

 

                         ーTOKYOっ子

 

※こちらにも1本別のブログがあります。よかったら読んでみてください。

       https://mount678.hatenablog.com/